切手 売りたい

切手を売りたい時に押さえておきたい高値買取の極意とは

切手,売りたい

切手を売りたいけど、どうやったら高く売ることができる??
持っている切手の価値が分からない
遺品の切手を処分したいけど、どのようにすればよいの??

 

切手収集がはやっていた頃に集めたたくさんの切手。
そのまま持っていてもしょうがないので、手放したいけど方法が分からないという方もいらっしゃると思います。

 

切手を売るにはお店などに買い取ってもらうことが一般的ですが、ちょっとしたコツを押さえておくだけで買取金額をUPさせることができます。

 

切手買取で損をしないために知っておきたいポイントについては以下の2点になります。

 

専門の業者に査定をお願いする
いくつかの業者で相見積もりをする

 

この2点を押さえておくだけで切手が高く売れる可能性がぐっと広がります。
それぞれについてご説明しますね。

 

切手買取の専門業者に査定をお願いする

切手,売りたい

切手を取り扱っている買取店は意外にたくさんあります。

 

ですが、切手以外にもブランド品、貴金属、洋服、家電など、とにかく色々なジャンルのアイテムの買取をしているようなお店を選ぶというのはあまりおすすめできません。
なぜならば、そのお店は切手に関する専門的な知識が確かであるとは言い難く、古い切手の価値を見抜けるか、適性価値を出してくれるかについては少々不安があるからです。

 

近所のリサイクルショップや金券ショップ・質屋でもコレクション切手としての本当の価値を分かっていなければ二束三文でしか買い取ってはもらえないでしょう。
ましてや、郵便局に持っていった場合は額面でしか交換をしてもらえません。

 

その切手の価値を把握している専門業者に査定をお願いすることは、切手買取では一番大切なことになります。
切手の価値を無駄にしないためには切手買取専門業者に査定をお願いすることは絶対条件になります。

 

 

いくつかの買取業者に相見積もりをする

切手,売りたい

これは必須ではないのですが「相見積もり」は切手を高く売るには大切です。

 

どの買取店でも切手の買取価格は同じというわけではなく、各業者によっても買取レートというものがあり、多少なりとも変わってきます。
1つの買取店だけで査定を依頼した場合は比較対象がないので、実際の買取金額の相場というものが掴みにくくなります。
結局はお店側の言い値で売ってしまうことになるので損をする可能性が高いとも言えます。
ですので、いくつかのお店で相見積もりをすることは、高値で売るためには重要なポイントとなります。

 

もっと切手を高く売りたいということであれば、どちらかというと店頭買取を中心に行っているお店よりも、ネットの宅配買取を中心に行っているお店のほうがおすすめです。
店舗を構えているお店は、そこのところで家賃や人件費など大幅なコストが発生している分、買取価格にも反映される傾向にあります。
ですが、ネットの宅配買取が中心のお店の場合、そういった費用を大幅に削減することが出来るので、店頭買取を中心に行っているお店に比べて買取価格に反映させることが出来るというわけです。

 

切手を高く売りたい時に押さえておきたいポイントは「専門の業者に査定を依頼する」「相見積もりをする」です。

 

また、以下に口コミで選ぶ切手買取専門業者をランキングにてご紹介しています。
大切な切手を少しでも高く売りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 


切手を売りたい時に利用できる買取サービスはこちら

切手,売りたい

切手を売りたいけど、どこに買い取ってもらえば良いか分からないという方も多いかと思います。

 

やはり高値で切手を買取して貰うなら切手買取専門業者に依頼すべきだと思います。
特に価値の高い切手ならば絶対に買取業者を使うべきです。

 

切手はとても奥が深い世界で、納得のいく価格で切手を売るなら確かな鑑識眼を持った専門家に査定して貰う必要があります。
逆に切手に関する知識に乏しい買取店を選んでしまうと損をしてしまうこともあるというわけです。

 

主に切手買取のサービスは持ち込み、宅配、出張3つの方法があります。
大手の買取業者などではこの3つの方法全てを採用しているところが多いです。

 

それぞれについて詳しくご説明しますね。

 

持ち込み買取について

切手,売りたい

切手の持ち込み買取とはその名の通り、店舗まで切手を持参して査定サービスを受ける方法です。

 

メリットとしては査定士と直接話しをしながら査定をしてもらえるので、納得のいく査定内容になりやすいことがあげられます。
また、査定だけの場合なら住所などの個人情報を知られることがないので(業者によっては査定申込書に個人情報の記入が求められるかもしれませんが・・・)
気軽に査定をお願いすることができます。

 

デメリットとしては、店舗まで行かないと行けない手間があります。
家の近くに店舗があれば良いのですが、もし遠くにあれば交通費をかけて行くことになります。
時間や交通費をかけたくないという方にはあまりおすすめできる方法ではありません。

 

宅配買取について

切手,売りたい

宅配買取とは、宅配便で切手を送り査定をして貰う方法です。
多くの業者では、送料無料で行っており、査定額に納得できなかった場合でも、無料で返送してくれるところが多いです。

 

メリットは、なんといっても自分の好きなタイミングで発送などのやり取りができるところ。
特に切手アルバムが多かったりバラの切手が非常に多い場合などは、きちんと査定をしてくれるところは時間がかかるので、持ち込みや出張買取だと長時間待たなければいけないというデメリットがありますが、宅配買取なら拘束されることもありません。
誰に気兼ねするわけでもなく家で他のことをしながら待っていられますので、そういったストレスも軽減出来ますね。

 

また、持ち込み買取と違って交通費などの負担もありません。
わざわざ時間とお金をかけて持ち込み査定をするくらいなら無料で査定をしてもらえる宅配買取の方が良いという口コミも多いです。

 

割れやすい食器や骨董品などでしたら宅配買取はあまりおすすめできない方法なのですが、切手でしたらその辺の心配が全くありませんので宅配買取はおすすめの方法であると言えます。

 

出張買取について

切手,売りたい

出張買取は査定士に自宅まで着てもらい査定を行ってもらう方法です。

 

メリットとしては、店舗までいく手間がないこと、査定対象の品が多い場合などは持っていく労力がかからないことなどがあげられます。
切手買取をしている業者の中には、骨董品などの買取も専門に行っているところもあります。
切手以外のものも査定をして欲しい方にはオススメの方法です。

 

デメリットとしては、自宅に知らない人をあげなければいけないところです。
女性のなかには嫌だと感じる方もいるかと思います。
ただ、査定業者の中には希望をすれば女性スタッフを指定することもできるところがありますので、そういうところを選ばれるのもいいかもしれません。
また、約束の時間には自宅にいないといけませんので、拘束時間ができてしまうのもデメリットの1つかもしれませんね。

 

以上、切手買取での持ち込み、宅配、出張、それぞれの特徴についてご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?
どの方法にもメリットとデメリットがありますが、切手買取で一番おすすめなのは、やはり宅配買取です。
最近主流になってきている宅配買取ですが、切手以外にも色々なアイテムの買取も同時にして貰えます。
家に居ながら好きな時に買取査定をして貰え、なおかつ査定にかかる費用も一切無料ですので、お金も時間も労力も一番かからないのがこの方法です。
手軽に出来るので相見積もしやすく、出来るだけ高く切手を売りたいという方にも適しているかと思われます。
切手の宅配買取をしている業者はたくさんありますので良さそうなところを選んで下さいね。

 

切手買取業者の選び方については別ページでも詳しくご紹介していますので、宜しければ是非そちらも参考にされてみてください。


切手の買取業者選びは口コミが重要!悪徳業者につかまらないためには?

切手,売りたい

切手買取で口コミや評判を重視する方は多いと思います。

 

「むかし集めていた切手を売りたい」「譲って貰ったけれど価値が分からない」など、それぞれ色々な事情があるかと思いますが、
やはり、切手を買い取って貰えるならどこのお店でもいい、というわけにはいきませんよね。
思い出の詰まった大切な切手なら尚更そうだと思います。

 

やはり少しでも高く切手を売りたいという気持ちは誰でも一緒だと思いますが、当然ながら切手の買取価格はどこの買取店でも同じではありません。
普通切手もそうですが、それ以上に記念切手や中国切手などのプレミア切手などをお持ちの場合は、買取店選びはより慎重になった方が良いです。
店舗選びを疎かにすると、本来の価格よりも安く買取られてしまうことがあるかもしれません。

 

ここでは、切手を売りたい時に悪徳業者につかまらないよう気をつけるべきポイントをご説明します。

 

誠実に対応してくれるかどうか

切手,売りたい

人によって重視するポイントは色々あるかと思いますが、どれだけ誠実に対応してくれるのか?ということも買取店を選ぶ上でとても重要なポイントだと思います。

 

切手買取で口コミなどを調べていると、怒りや不満を感じたという経験を感情的に書いているものも見受けられます。
中にはステマやライバル業者の書き込みも紛れていることもあるかもしれませんが、あまりにもネガティブな感想が多いと積極的に依頼したいとは思いませんよね。

 

買取サービスは信頼の上に成り立っていると言っても過言ではありません。

 

例えば何の説明もなく、あなたが思っていたよりも相当安い金額をいきなり提示されたとしたらどうでしょうか?
到底、納得がいかないのではないかと思います。

 

「この切手はこういう種類のもので相場は○円ぐらいなのですが、こういうダメージがあるのでこのような結果となりました」と、しっかりとした説明や根拠を示して貰わないと満足出来る取引は出来ないのではないでしょうか?

 

大切なコレクションを売却するからこそ、ぜひ信頼できる買取店を見つけて欲しいなと思います。

 

切手についての知識をある程度は身につけておく

切手,売りたい

出来ればご自身でもある程度の知識をもって査定に臨まれると良いかと思います。

 

あまりにも素人だと「どうせ分からないだろう」と舐められて、本来つけられる査定額よりわざと安い価格を提示することもあります。
また、中にはプレミア切手だと分かっていても普通の切手と同じくらいの査定額を提示してくる買取店も結構あるみたいですね。

 

そのような事態を防ぐためにも、切手買取業者の言いなりになってしまわないよう、お手元にある切手についてある程度の相場感を掴んでおくことが必要です。

 

切手の買取事例を把握しておく

切手,売りたい

実際の過去の買取事例なども把握しておくと良いかと思います。
過去にどんな切手がどんな価格で買取されているのか確認することで、その買取店の相場を知ることが出来ます。

 

また、切手に関する知識がどれだけ豊富な店なのかどうかということも分かるのではないかと思います。
過去の買取事例は、その店の公式ページに記載されていることが多いのでチェックしておくといいと思います。
出来るだけ詳しく丁寧に記載されている買取店が望ましいですね。
また、切手買取の口コミや体験談などからも参考になるかもしれません。

 

出来れば査定依頼は1つの買取店だけではなく複数の買取店で行い、その中で一番高い買取価格を提示してくれたところに売却すれば、より満足のいく取引ができるかと思います。
査定にかかる費用は一切無料としているところが多いのでリスクもないですし、わりと査定だけでも気軽に依頼することが出来ます。
今はインターネットで簡単に情報を得ることができますので、切手買取の口コミや評判の良いお店を探して何社か候補を絞りましょう。

 

 


切手買取の体験談や評判からみる良い切手買取業者の特徴とは?

切手,売りたい

実際に切手の買取を行った方の体験談を見てみると、様々な評判が書かれています。

 

もちろん人によって感じ方は違うので、同じ買取業者を利用しても、Aさんは納得できる取引ができたと思っても、Bさんは不満だったと答えるかもしれません。

 

ですので、全ての口コミを一つ一つチェックしていくというよりも、全体的な傾向を掴んで自分なりに口コミを分析していくのが良いかと思います。
そうすることで、何となくここが良さそうとか、ここはやめておいたほうがいいかもしれない、などが分かってくるのではないかと思います。

 

多くの方が体験談をもとに選んでいる

実際、初めて切手買取をする方1000人以上に調査をしたところ、大半が口コミサイトや切手買取の体験談を参考にしたという方たちでした。
これだけ口コミや体験談などを参考にする方が増えてきている現在、口コミサイトや切手買取体験談をブログで投稿する方もどんどん増えています。

 

口コミは個人的主観が入るのでそれほど重視しないと考えている人でも、全く口コミを見ないという人は少ないようです。
買取業者のホームページはどこも同じようなことばかり書いてありますが、口コミや体験談は業者の違いをはっきりと写し出す情報とも言えます。
ですので、優良な買取業者を見つけるための手段として、是非ご活用いただけたらと思います。

 

そこで、いろいろな体験談を分析してみて感じた良い切手買取業者の特徴についてまとめてみました。

 

買取実績数が多い

切手,売りたい

切手は査定員の鑑識眼が買取価格に非常に大きな影響を及ぼします。
ですので、切手に関する知識はもちろんのこと、査定経験がある程度豊富な買取業者を選ばないと、せっかく価値ある切手でもその価値に気付いて貰えず損をしてしまうことがあります。

 

買取業者のホームページにはこれまでの買取実績が記載しているところもあります。
切手買取の体験談などでもどんな切手をいくらで買い取って貰ったという情報を掴むことが出来るかと思いますので、参考にされるといいのではないかと思います。

 

出張や宅配なども行っている

 

出張買取はその買取業者によって対応地域が異なりますが、宅配買取ならほぼ全国に対応していますので気軽に利用することが出来ます。
切手買取の体験談では、出張か宅配で買取をした方がとても多く人気のようですね。

 

査定員が誠実に対応してくれる

切手,売りたい

悪徳な業者にあたってしまうと、知識がないのをいいことに価値ある切手でも安く買取してしまうというのはよく聞きます。

 

安心して利用するためにも誠実な対応をしてくれるところを選びたいですよね。
特に持ち込みや出張買取では査定員と直接コミュニケーションをしながら査定を進めていくので、対応や雰囲気の良さは絶対にチェックしておく項目です。

 

ネット上の体験談から感じるのは、大手の業者ほど安心して取引できる傾向にあるのかなと感じました。
もちろん、小規模の買取店でも誠実なところはあります。
ですが、ハズレを引きにくいという意味で、大手の方が社員教育がしっかりとされている感じがしました。

 

今回調べた体験談をもとに評判の良い切手買取業者をご紹介していますので、選ぶ際にはご参考になさってみてくださいね。

 


高く売れる切手はコレ!アンティーク切手・記念切手の価値について。

切手,売りたい

普通切手の中で価値が高いと言われる切手は、現在は販売を終了している切手やアンティーク切手、古切手と言われる昔の切手などです。

 

普通切手には発売期間や発行枚数の制限がないので、本来、欲しい時に欲しいだけ郵便局などで購入できるものです。
しかし、郵便料金の改正や図案の変更がでた場合は発売が中止されることもあるので、欲しかった切手がもう手に入らないということがあります。

 

特に細かい図案の変更に関しては大きく告知されることがないので、気が付いた時には変更前の切手にプレミアがついていた・・・なんていうことも結構あるようです。

 

アンティーク切手について

切手,売りたい

アンティーク切手は郵便物を送る切手としてではなく、切手そのものに価値がある切手のことです。
古切手とも呼ばれますが、古切手は古い普通の切手の意味もありますので、価値のある切手を指す時はアンティーク切手と言った方が分かりやすいでしょう。

 

アンティーク切手は多くが中国切手であり「赤猿」などはコレクターの中ではとても有名な切手の1つです。
1980年に発行されたプレミア中国切手の「赤猿」は赤い背景に猿の全身が描かれています。
当時は文化大革命の最中であったため、中国においては切手の収集が禁止されており、また外国に切手を輸出することもできなかったため、とても価値が高い切手とされています。

 

また、同じプレミア中国切手である「オオパンダ」もその一つです。水墨画のパンダが描かれています。
文化大革命期の1963年と1973年に発行されており、すべて合わせると6種類です。
6種類がすべて揃っていると特に高価買取が期待できるようです。

 

国内のものでは1949年に発行された美術切手「月に雁」や浮世絵画家である菱川師宣の代表作「見返り美人」を切手にしたものなどがあります。

 

アンティーク切手のエピソードを2つご紹介したいと思います。

 

発行数が少ない切手「秋田犬」

1953年に発行された2円切手の秋田犬が描かれた図案は、1989年ローマ字の国名切手が発行されるまで36年間販売されていました。

 

ですが、2001年の省庁再編により大蔵省から財務省になったことで、シート地の記載が変更になっています。
その後、この財務省銘柄の秋田犬図案2円切手は、翌年需要減少に伴い発行中止となりました。
その結果、発行枚数自体が非常に少ないということから入手困難な切手となってしまいました。

 

秋田犬は今ではとても価値のある切手の1つです。

 

初めて発行された切手「竜文切手」

普通切手は明治時代に始まり、日本で初めて発行された切手は1871年に発行された「竜文切手」であるといわれてます。

 

昔の切手は現代とは違う印刷とは異なり、手彫りで発行されていました。
そのため、コレクター間ではアンティーク切手として非常に人気があるので、種類にもよりますが中にはバラでも一枚数十万円の値がつくものもあるようです。

 

このように、普通切手でも今ではもう手に入れることの出来ないプレミアがつくものはたくさんあります。

 

記念切手について

記念切手とは、なにかの企画やイベントの際に期間限定で発行された切手です。
特殊切手とも呼ばれることがあります。

 

もちろん、封筒に貼り、郵便物を送ることに使うこともできますが、コレクション目的で購入する人が多いです。
期間限定で発売される切手であり、もう発行されていないという意味では、記念切手もアンティーク切手であると言えますね。

 

高値がつきやすい記念切手の一例についてあげてみましょう。

世界遺産シリーズ

アニメ系の切手

20世紀デザイン切手

切手趣味週間

国立・国定公園シリーズ

戦後50周年メモリアル

オリンピック記念切手

 

記念切手はとにかくたくさんの種類があるので、ここでは紹介しきれません。
もしお手元にある記念切手の価値を知りたいということであればインターネットや書籍などでも調べることは可能です。

 

しかし、同じ切手でも状態などによって買取価格は変わってきます。
正確な買取価格について知りたいという場合には一度、切手買取業者に見せて査定だけでもして貰うと良いと思います。

 

記念切手の買取相場は年々下降しているとも言われています。
切手収集ブームが下火になった今、今後さらに相場は下降していくことが予想されています。
そのため、売却をお考えでしたらなるべく早めがいいかもしれません。

 

また切手の買取価格は、その状態によってもかなり変わってくるため、出来るだけ綺麗な状態で買取をして貰うためにも出来るだけ早いほうが良いと思われます。

 

使用済切手の場合は消印も価値を左右します

切手,売りたい

コレクターによって好みに応じて集める切手と消印などはそれぞれですが、一般的に価値の高い使用済み切手の定義は、消印に書かれた年代が古いもの、切手の枠に消印が収まる「満月」と呼ばれる状態のものであると言われています。

 

また、コレクターの間では消印の種類も価値が高いと言われているものがあります。
例えば特殊通信日付印(特印)です。
国家的記念行事のときだけに使われる大型の記念印で、切手趣味週間やふみの日には、それらにちなんだ特印が押されています。
特印を使うほど大きな行事でない時に使われる小型印というのもあります。

 

他にも明治5年前の切手が貼られていて消印のあるもの等は滅多にお目にかかれないといわれていますし、コレクターの間で人気がある「初日印」と呼ばれる切手発行日の消印等、とにかくいろいろとあるのですがキリがないので・・・(笑)

 

このように使用済み切手であっても価値の高いものはたくさんありますので、もし思い当たる切手をお持ちでしたら切手専門買取業者に一度査定して貰うことをおすすめいたします。

 

郵便局で切手を買取りしてもらうことはできる?

切手,売りたい

切手は郵便局に買い取ってもらうことができるのでしょうか??

 

一般的に、日本で販売されている商品は購入してから一定期間の間であればり返品・返金を受け付けてもらえます。
洋服などは、未使用品であれば1,2週間以内にレシートと商品をを持参すれば返品を受け付けてもらえるものです。

 

では、切手も同じように返品返金、もしくは買い取りをしてもらうことはできるのでしょうか?
日本郵便の公式サイトを参考にして調べてみました。

 

郵便局では切手の買取り対応はしていません

調べてみたところ、郵便局では返品の対応はしていませんでした。
また、買取り対応もなく、所定の手数料を支払い別のものと交換という形になるようです。

 

切手,売りたい

出典:日本郵便株式会社公式サイト(http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/)

 

上記のように、切手だけではなく、特定郵便(レターパック封筒、スマートレター封筒)、書き損じたはがきや郵便書簡も同様に交換してもらえうようですね。

 

このように、郵便局では通常は手数料を支払うことになるので少し損をする形となってしまいます。
ですが、使わない切手を無駄にするよりはずっといいかもしれません。

 

たとえば年賀切手などは、その発行年や干支が書いてあったりするので、その年の年賀状以外に使い道に困るということはないでしょうか?
コレクションするにはいいかもしれませんけど、それよりも実用的な普通切手と交換して貰いたいということでしたら郵便局で交換してもらうのがいいかもしれません。

 

改めて考えると全ての商品に共通しているのは、手数料を払う分、結局損をしてしまうのでとにかく微妙な方法です。
とにかく使わないで置いておくよりはいいといった感じですかね・・・。

 

ちなみに、切手で交換できるはがきには、通常はがきのほか、往復はがき、絵入りはがきやインクジェット紙のはがき、くぼみ入りはがきなどがあります。
往復はがきの場合には、62円切手2枚で1枚の往復はがきと交換できますが、手数料が10円かかります。
くじ引番号付き郵便はがきには交換できませんのでご注意ください。

 

切手をお金に変えたいなら郵便局ではなく買取り店を利用しましょう

切手,売りたい

どうしてもお金に換えたいということでしたら、切手を郵便局に買い取ってもらうことはできませんので、切手買取専門店金券ショップフリマサイトオークションなどを利用すると良いと思います。

 

郵便局で販売中の切手ですと、額面よりも安い査定額になるとは思いますが、使用済みを含むプレミア切手などは額面以上の価値があるかもしれませんし、思わぬ臨時収入となる可能性もあります。

 

高価買取なら、おすすめはやはり切手を専門的に扱っている買取業者です。

 

確かな鑑識眼を持った専門家に査定してもらえるため、きちんとその切手の価値に見合った金額で買い取ってもらえます。

 

金券ショップでは未使用の切手しか買取してくれませんが、切手買取専門業者なら使用済みの切手でも買い取ってくれることがあります。

 

もちろん使用済みの切手なので直接的な金銭価値はないのですが、コレクターの間では非常に価値の高いものもあるようで、実は無価値だと思い込んでいた使用済み切手にも思わぬ価値が潜んでいたりするかもしれません。

 

使用済み切手でも保存状態が良いことが高値買取に繋がります。
切手は保存状態が悪いと色落ちしたり汚れたりしてしまうことがあるので、取扱いに注意が必要です。
ピンセット等を使って、他の切手と重ならないようにストックブックに保存しておくのも良いと思います。
湿気を避けるため乾燥剤などを使用するのもおすすめです。

 

切手を金券ショップで売りたいなら。メリットやデメリットなど

切手,売りたい

金券ショップで切手を売る方法は、直接お店まで持って行くのが主流ですが、郵送出来るところもあります。

 

気になる普通切手の買取相場はお店にもよりますが、シートで平均で90〜95%前後程度、バラ切手であれば60〜70%程度となっています。

 

金券ショップの切手買取相場は日々変動するので、今日持ち込みをして額面の90%のレートで買い取るとなっていても、一旦保留にして後日売るとなった場合には80%ほどに下がってしまっていることもあります。

 

金券ショップでは切手を額面ごとで分けており、それぞれの在庫数によって買取レートが変わってくるので、その額面の切手の在庫が多ければ多いほど買取レートは安くなりますし、逆に少なければ少ないほど買取レートは高くなるというわけです。

 

バラ切手に関しても、台紙に貼ってまとめることで買取レートが上がるようです。
台紙の貼り方は、A3の用紙に同じ額面の切手を、10列×5行=50枚で並べるのが一般的なルールです。(50枚未満だとバラ扱いになります。)
A4の紙2枚をセロハンテープなどでくっつけて使用しても可だそうですが、お店によってルールが異なる場合もありますので確認してみましょう。

 

シートでも金額や枚数ごとに、事前に自分で分類しておく必要があります。
この仕分けをしていないと手数料が発生してしまうこともあるようですので注意してください。
特に大量に切手がある場合は手間がかかってしまうので、金券ショップで切手を売る方法としてはこの点がデメリットであるかもしれませんね。

 

金券ショップと切手買取専門業者の使い分けについて

切手,売りたい

基本的に、金券ショップではすぐに使える近年発行の普通切手の買取に向いています。
その反面、記念切手など特殊な柄のものはビジネスなどで使用しにくいために再販が難しく、買取レートが更に低く設定されている場合もありますので、あまりおすすめできません。

 

本来は額面以上の価値を持っているプレミア切手に関しても、金券ショップは切手の専門家ではないので一枚一枚、丁寧に鑑定するということはしないので額面以上の買取をして貰えることは期待出来ないと言って良いでしょう。

 

今はもう使えないような古い切手は買取さえして貰えないことがあります。
このような切手は必ず切手買取業者に依頼すべきです。

 

そもそも金券ショップと切手買取業者では、同じ切手買取をしていても全く畑が違っています。
切手買取業者は査定だけでも無料でしてくれるところがほとんどなので、まずはその切手の価値を知るためにも依頼してみるのも良いかと思います。

 

きちんとした業者ならば、専門知識を持つ査定員がその切手の価値に見合った適正な価格を出してくれるはずなので、金券ショップでの買取相場と比較して、高く売れそうなほうを選択すれば損をしてしまうリスクもないのでおすすめです。

 

切手をフリマアプリやオークションで売りたいなら。メリットやデメリットなど。

切手,売りたい

 

若い世代を中心に人気のフリマアプリ「Mercalli(メルカリ)」。
出品が気軽にできることもあり、多くの方に利用されているサービスですよね。

 

そんなメルカリやヤフオクなどのオークションサイトで切手を売りたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

 

今回はフリマアプリやオークションで切手を売ることのメリット、デメリットを解説したいと思います。

 

メリットについて

切手,売りたい

フリマアプリやオークションサイトで切ってを売る一番のメリットは高く売れる可能性があることでしょう。

 

買取業者に売る場合、査定士の提示した金額に応じるしか道はありません。
いわば、1対1の取引きということになります。

 

これを防ぐためには、他の業者にも査定を見積もりしてもらう比較査定が必要となります。
ですが、時間もそれなりにとられますし、忙しい人であれば複数の見積もりをしてもらうことは難しいかもしれません。

 

反対に、フリマアプリやオークションサイトでは、プレミアム切手を欲しいと考えている大勢の方とのやり取りのなかで売る金額を決めていくサービスです。
値段交渉などはありますが、比較的自分が希望する価格で売却しやすい方法です。

 

デメリットについて

切手,売りたい

フリマアプリやオークションサイトで切ってを売るデメリットは、トラブルに巻き込まれる可能性があるということです。

 

まず、どちらも顔の見えない取引となる為、人によっては不安を抱いたり、抵抗を感じることがあるかもしれません。

 

これまでの取引の評価などを参考にしたり、マイナス評価が多い人の入札をお断りするなど、出来るだけ信頼の持てる人と取引するように気をつけるのがいいかと思いますが、出品者は完全に取引相手を選べるシステムにはなっていないところもあるので、実際に取引してみないと分からないというのが現実だったりします。

 

いつどんなトラブルに巻き込まれるか分からない危険性があるというわけです。

 

もう一つのデメリットとしては手間がかかるということです。
オークションといえば「ヤフーオークション」、フリマでは「メルカリ」「フリル」など人気がありますが、どちらも会員登録をした上で出品手続きを行わないといけません。

 

切手,売りたい

 

出品手続きは、商品に関する説明を詳細に記載し(保管状態や購入時期なども)、画像を載せたりしなければいけないので案外手間はかかります。

 

特に美品ではない切手の場合、どこにどんなダメージがあるのか詳しく状態を記載したり、その部分のアップ画像なども載せる必要があります。
これを行わないと後々トラブルの原因となってしまうこともあるため、誠実に出品する必要があります。

 

また、質問が来たらその都度返答しないければいけない、売れたら購入者と連絡を取り合って梱包して発送を行わなければいけないなど、全て自分でやらないといけないので色々と手間はかかります。

 

特に大量の切手を売りたい場合は、一枚ごとにこの作業を行っていかないといけませんので、労力を考えるとあまり切手を売る方法としてはおすすめは出来ません。

 

しかし、人気のある希少なプレミア切手でしたら、多少の汚れがあっても未使用なら買取業者と比較してもそう値崩れを起こさずに高値で取引されることもあるので、手間がかかってもこれらを利用する価値はあると思います。

 

切手,売りたい

 

特に譲って貰った切手などは、ご自身が切手に関する知識をあまり持っていないというケースが多いと思います。
そのため、事前にインターネットや書籍などで、お持ちの切手がどんなもので、どれぐらいの価値があるのか調べておかないといけません。

 

このように、オークションやフリマで切手を売る方法は、場合によっては買取業者よりも高値で売却できる可能性も秘めています。

 

ですが、色々とデメリットもありますので、よほどのプレミア切手ではない限り、切手買取業者に依頼するほうが良いと思います。


切手の知識がないけど切手を売りたい。気をつけるべきところは?

切手,売りたい

ご家族が収集されていたなどの事情で切手の知識があまりないという方は、出来れば査定に出す前に手元にある切手の種類と価値を少し調べておくと売る時の目安となります。

 

売りたい切手の価値を知るにはインターネットなどで調べるのも良いと思いますが、日本郵趣協会が発行している「さくら日本切手カタログ」も参考になります。

 

このカタログは日本で切手が発行されてからの全種類を網羅しており、切手ごとに発行された年切手の正式名称額面金額が全て掲載されています。

 

さくら日本切手カタログには当時の販売価格が掲載されているだけなので、切手買取におけるプレミア価格までを知ることは出来ませんが、売りたい切手がどんな切手なのか正確に調べることが出来ますので参考にはなります。

 

手元にある切手が、もしかしたらお宝であるという可能性も無いとは言えません。

 

素人だと中々その価値を見抜くのは難しいですが、切手買取専門店では切手の価値や需要を網羅し尽くしていますから、持ち込んだ切手を瞬時に価値を見定めてくれます。

 

自宅から切手が出てきたら、不用意に扱わず、まずは価値を知っている切手買取専門店に相談してみることをオススメします。

 

額面がいくらになるか調べておきましょう

切手,売りたい

もう一点、切手の知識があまりない方が切手を売りたい時に気をつけることは、手持ちの切手の総額面はいくらになるのか調べておくことです。

 

切手の買取価格は業者によって見極めるポイントや買取レートも変わるため、場合によっては総額面合計よりも下回ってしまうこともあります。

 

当然、額面金額よりも安い買取価格になってしまった場合は売ってしまえば損をしてしまうということになります。
特に大量の切手が手元にある場合はしっかりと調べて計算しておきましょう。

 

また、大量の切手コレクションがある場合は、使いかけのバラやたくさんのシート切手が混在してしまうケースがあります。

 

これは、事前に額面ごとなどで仕分けをしておくと、査定スタッフの手間も省けますし、依頼者側も待たされる時間が少なくて済むのでスムーズに切手を売るが出来ます。